ドラゼミの無料サンプルを取り寄せたきっかけ

ドラゼミ教材2010年度版・小学校の学習漢字1006の本

私がドラゼミを知ったのは、テレビで『ドラえもん』のアニメを見ていたときのことだったと思います。(2003年ごろ?)

当時は、♪おうちでドラゼミ~♪というCM曲でした。

その頃はまだ長男(2010年現在小5)も幼稚園生。ふだん、あまりテレビは見ていなかったのですが、(見てる時間がなかったんですよね~。毎日6時過ぎまで外で遊んでましたから。^^)長男が、年中になる頃から金曜日の7時『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』だけは必ず見ていたんですね。

そのときに、ドラゼミのCMを見て、「へえ、ドラえもんがキャラクターの通信教育もあるのね~」と。

ドラゼミのCMは、年度が替わる直前の1月から3月くらいに集中して流されているようなので、おそらく、1月くらいだったのでは?、と思います。

でも「こんなのもあるのね」と思っただけで、たいして気に留めていませんでした。

一番上の長男もまだ年中だったし、長男自身も時々送られてくるベネッセの『こどもちゃれんじ』にもあまり興味をしめさなかったんですね。3人目の次男は生後間もない頃で、私にほかの事を考える余裕がなかったこともあって、うちには必要ないものと思ったんです。

ところが、1年後には長男ばかりか真ん中の長女も一緒にドラゼミっ子になりました!

雑誌『小学1年生の入学準備号』でドラゼミが紹介されていた!

ドラゼミのことが気になりだしたのは、長男が小学校へ入学する前の2006年1月のことでした。

なにしろ、我が子にとって初めての小学校生活。 机にランドセル、体操服に学用品などなど入学準備に必要なものを何をそろえたらいいのか、どんな心構えがいるのか・・・子どもよりも親の私の方が知りたいことだらけだったんですね。

それで、小学館の学習雑誌『入学準備 小学一年生入学直前号』を購入したんです。

一応「インフルエンザで幼稚園を休んでいた長男が退屈しないように」と買ったんですが、真の理由は親用の別冊『入学がわかる本NEO』が付録で付いていたから・・・。(長男はこのタイプの雑誌にはそれほど興味がないのです。^^;)

この『入学準備 小学一年生入学直前号』にドラゼミの案内も入っていたんですね。ドラゼミは『小学一年生』と同じ小学館だったんですね。TVCMでも聞いてたはずだけど、気づいていませんでした。

その案内を読んでいたら、「けっこういいかも!?」なんて。

ドラゼミは付録少なめ、読み書き計算を徹底!

余分な付録もあまり付いていないようだし、読み書き計算を徹底的に・・・というところがいいか なぁと思ったんです。「教材サンプルをとりよせてみようかな」と。教材サンプルは無料だし、よく見本が送られてくるベネッセの「チャレンジ一年生」以外の 通信添削はどんなふうなのか、単純に興味があったので。

それで、ドラゼミの案内のページを見せて、長男にも聞いてみました。

私「ねえ、ドラゼミの見本、とりよせてみる?」
長男「ドラゼミ?うん、ほしい、ほしい!」

ドラえもん大好きの長男。やっぱりTVCMを見てドラゼミのことは知っていたようです。^^ そんなわけで、小学館【ドラゼミ】の無料教材サンプルを取り寄せることになりました。

*この記事は2009年の内容です。ドラゼミは2011年4月にリニューアルしたため、現在の教材内容と異なる記述があります。くわしくは公式サイトドラゼミo((=^♀^=))oをご確認ください。

うちの子たちは全員ドラゼミ経験者。2015年の現在は小4の次男が受講中!長男長女はドラゼミ継続6年弱でした♪
無料の資料請求はこちら→ 小学館の通信添削 ドラゼミo((=^o^=))o

サブコンテンツ

このページの先頭へ