教育費を捻出☆『貯まる!かんたんどんぶり家計術』安田まゆみ

今日は午後&夕食後に『貯まる!かんたんどんぶり家計術』を読みました。

著者はファイナンシャルプランナーの安田まゆみさん。

この方は私が使っているてきぱき家計簿マムというPCソフトの公式サイトで、つい最近までコラムを書いてらっしゃたんです。

そのコラムがすごく分かりやすくて、読みやすくてよかったんですね。それで、著作も読んでみようかと。

期待通り本も分かりやすくて読みやすかったです!なんだか、安田まゆみさん自身に語りかけてもらっているような感じで。^^

タイトルのとおり、細々とした家計簿付けとか、家族みんながストレスに感じてしまうような節約術は全くないのに、「家計に対する姿勢を見直そう!」と思いましたよ。

内容で、特に印象的だったのは 「ザルはダメだけど、どんぶりはOK!」ということ。

一般的に「家計管理はザルやどんぶり勘定ではダメ」と言われるようですが、ザルはもれちゃってるけど、どんぶりはたとえ少しでも溜められるからOKだそう。

家計簿付けが苦手・・・という方には、うれしいアドバイスですね♪

もうひとつ、「家計にとって厳しい時代がやってくるから、ちゃんと備えて」ということ。

この本が発行されたのは2006年。 実際に厳しい時代に突入していますよね?

不景気や手取り収入減の時代がくるよ~というのは他でも聞いたことありますが、安田まゆみさんは、例え方がすごく分かりやすいんです!

「これからの時代にどれくらいの覚悟がいるか?」について、このまま何もしないっていうことは、「波浪注意報が出てるのに、まだ沖でボート遊びしているようなもの」だそう。 (本が書かれたのは2006年なので、今はすでに警報かも^^;)

で、注意報が出てるなら、避難するなりライフジャケットを着るなり、対処法がいろいろあって、ちゃんと間に合ったはずなのに、ぼんやり遊んでるうちに大波がすぐそこ、さらわれちゃう・・・って感じなんだそうですよ。

なんとな~くはうちの家計まずいことになりそうだなあ・・・と思っていても実際にはなかなか動きにくいですが、こんな風に分かりやすく例えてもらえると、今すぐちゃんと備えなくては!と思いますよね。 (私は備えの大切さが実感できました!)

他にもいくつも参考になることが書いてあったので、家計危機目前の人も、なんとなく心配って人も家計簿ってつけなくちゃダメ?な人も一度読んでみてくださいね。^^

うちの家計でこれからますます重要になる教育費もちゃんと捻出できるかも!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ