夏休みは分数の計算を特訓!【小5男子】

くもんの小学ドリル・5年生の分数、小数

ようやく夏休みが終わってホッとしています♪夏休み中は一度もブログの更新もできませんでした。 そういえば、夏休みは毎年、子ども達の相手&暑さにぐったりで、パソコン触ってる余裕なんてなかった・・・。^^;

我が家の夏休みは遠くへの旅行はなかったけれど、 仕事がお休みの日には、海水浴、キャンプ、山登り、夏祭り、美術館・・・とアチコチお出かけして楽しかったですよ。^^

子ども達の勉強の方は、学校の宿題&ドラゼミの他は 、なんと言っても5年生の分数!小5の長男、夏休み中、すごくがんばりました!!

このままじゃ大変!分数の計算が分かってない!

くもんの小学ドリル・5年生の分数「約分」の問題

「長男の分数が、まずいことになってる~!」と気づいたのは、夏休みに入って間もない頃。

小5の長男と小3の長女に「1学期のテストとか、自分でまとめておきなよ~」と声を掛けてから、掃除をしていたときのこと。

しばらくすると、べそをかきながら、やってきた長男。「ごめんなさ~い。見せていないテストがあったんだ・・・」

え~っ!またですか?5年生になる頃「テストやプリントは必ず見せること」って約束してたのに・・・。 てっきり、ちゃんと全部見せてくれてると思い込んでいましたよ・・・。 あきれて怒る気もなくなるほど。

で、見てみると「なんじゃ~これ!?」なテストばかり。

「悪い点数のテストはイヤだったから、見せるのもイヤだった」そうですが、 できていないところを把握させてくれないと、ホントに困っちゃいます。

特に算数の分数がメチャクチャ!

最大公約数や最小公倍数のところは、片方が全部あってて、もう片方は全部間違ってる 。それぞれの意味が分かってなくて、どちらもまったく同じことをしていたようです。

約分や分母の違うたし算ひき算ももちろん間違ってる~!!!

と、言うわけで夏休みは分数の猛特訓となりました。^^

とにかく特訓!くもんの分数の計算ドリルを繰り返し

ある時は泣きながら、またある時は怒りながら・・・でしたが、なんとか特訓の成果があって、分母の違うたし算引ひき算をほぼマスターできたようです♪

取り組んだのは、公文の小学生用のドリルです。

家のプリンター複合機でコピーして、1日5枚づつ、3回繰り返しましたよ。1枚(20問ほど)に10分以上かかって、しかも間違いだらけの時もありましたけどね(苦笑)

今の5年生、学習指導要領の移行期間のしわ寄せが・・・

確かに、昨年と今年は、新学習指導要領の移行期間で大変らしいんですよ。

長男に分数や公約数・公倍数を教えようと教科書を見たら、載ってなかったんですね。移行期間中なので、分数の計算は薄い補助教材でさら~っと触れられてて。分数でつまずく子は多いらしいのに、これじゃ、分からないよね・・・って変に納得しちゃいました。(苦笑)

夏休み中、PTA主催の小学校の校庭整備の時に、長男が以前担任してくれた先生(現6年担任)とお話していたら、「今年の5年生は大変ですよ~。全く同じ分数の勉強を6年生がしているんですから。いっきに2学年分学習してるんですよ」と、おっしゃっていましたし。

どの学年も移行期間なので、ある程度大変かとは思うんですが、高学年の算数のキモともいえる分数を急いでやらなくちゃならないなんて。

でも、ちゃんとマスターしておかなくちゃ、これから困りますもんね。長男、危ないところでした。今のうちに気づいてよかったです。

なんとか夏休み中にできるようになった分数の計算や公約数&公倍数の計算、忘れちゃったらもったいないので、夏休みが終わっても、毎日1~2ページづつすることに決めました。

長男は計算ができるようになってから、ちょっと嬉しそうに問題を解いてます♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ