母、反省。1年生の時のノートを見てみた【小6男子】

前の記事で、「宿題をするノートを学校に置き忘れてきた次男のために、一番上の長男が1年生の時のノートの使っていないページをコピーした」と書いたのですが、その続きです。

すごく久しぶりにクロゼットから出してきた一番上の長男が1年生の一番最初に使っていた国語ノート。当然、「どんなだったかな~」なんて、中を見てみますよね。

その時、初めて気づいたこと。1年生なのに、母(=私)ちゃんとノートチェックができてない!

始めの頃(1学期)は、まだいいんです。たどたどしくも、一生懸命さが伝わる字です。

問題は10月ごろから・・・

・明らかに、雑になっている
・赤で直された字をそのままにしている
・「このページは直しましょう」の付箋が数枚ついたまま・・・もちろん直してない

ため息の連続です。

こんなにひどかったっけ???でも、先生から特別に注意された記憶がないっていうのは、どういうこと?私の記憶が飛んでるだけ??

当時は、まだ3番目の次男が1歳。真ん中の長女は幼稚園年中で、しかも毎日お弁当の徒歩登園。延長保育など全くなく、お昼ご飯を食べに夫も帰ってくる・・・ホントに必死な日々でした。(幼稚園まで片道約1キロ。幼児連れなのでのんびり歩くと1時間かかります。歩数計つけてみたら、夕方の時点ですでに1万6千歩!)

担任の先生は、我が家がこんな状況なのをよくご存じだったから、あえて注意はされなかったのでしょうか?(幼稚園と小学校は隣接していて、送り迎え中によくお会いしたので)

それにしても、このノートを見てたら、一番上の長男に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました。ノートが雑って、高学年以降何度も注意してるけど、1年生のうちからちゃんと見ていてあげられなかったんだねって。

一番上の子の場合、ついつい「お兄ちゃん・お姉ちゃん」として扱ってしまうけど、必要なサポートが十分でない場合もあると思います。

もちろん、その時はできる限りのことはしていたつもりなのですが、今小学1年生の3番目次男と比べた場合、ノートチェックも、時間割のチェックも、アバウトだったと思うんです。(次男を授乳しながらでも、ぐずぐずで抱っこしながらでも、絵本の読み聞かせだけは毎晩してました♪)

そのツケが、現在小6の長男の状態であるともいえるなぁ・・・と。(時間割適当。ノート・宿題は丁寧な時といい加減な時の差が激しすぎなど。ちゃんとできるようになる子も多いんでしょうが。^^;)

久しぶりに1年生の時のノートをみて、母は反省することばかりです。

今は3人ともそこそこ大きくなって、自分でできることが増えているけれど、少しずつ手を放しつつ、目は放さずに見ていきたいと思ってます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ