あ然!小5男子の理科ノート

今日は祝日だったので、長年溜めてしまった子ども達の作品や教科書、プリントなどを整理しました!

小さな頃からの作品や自由研究やノート、3人分となるとすごく多くて・・・。長男は、古い教科書も「なつかしいなぁ~捨てないで~」と言うので置いておいたのですが、そろそろ処分しようかなぁと思ってます。^^;

もちろん、ドラゼミのテキストやテストもありましたよ。

ペラペラめくってみると、長男の4年生のテキストは、前半からかなりやってないところが!(3年生にも・・・)

後半だけじゃなかったのね・・・どうして気付かなかったんだろうと、深~く反省です。(その辺りのいきさつは「通信添削ドラゼミ 継続5年目のヒミツ」にも書いてます。^^)

放ったらかしにしていたツケが、いまひとつな成績に現れ始めたので、今はしっかり見ることにしましたけれど。^^;

まあ、小学生のうちに気付いてよかったと思うことにして(根が楽天的なんですよ、私。^^)最近は小学校でどんなこと学習してるのかな~と、ついでに長男の机もチェック☆

すると・・・

5年生で新しく使い始めた理科ノートから、プリントがはみ出しまくってるんです!広げようとしても、ノリがべったりでうまく開かないページまであって。>-<

ホントにどうなってるんでしょうね~。ため息がでちゃいましたよ。

理科ノートの状態から予想される長男のプリントの貼り方

  1. ノートを開く
  2. ノートにのりをつける(べったり気味に)
  3. その上にプリントを置く(大きくてもあらかじめ折らない!)
  4. ノートを閉じる(プリントも折れる)
  5. ぎゅーっと適当に押したら、できあがり!(はみ出しててても気にしない!)

どれだけ面倒くさがりなのか~っ!ってあきれてしまいます。

でも、気を取り直して、長男に「こんなプリントの貼り方でいいの?」と聞いてみることに。

いわく、先生は「ノートに貼って」と言うだけだったそう。もっとも今までの学年でちゃんと教えてもらってて、長男が覚えていないだけかもしれませんが。^^;

このままではいけない!と、カッターナイフでノートからプリントをはがしてから、「まず角をそろえて、プリントを二つに折るよ」なんて、手取り足取りプリントの貼り方を教えましたよ~。もう5年生だよ・・・?(苦笑)

ちょうど明日、理科の授業があるようなので、プリントの貼り方はOKなのか、先生に聞くように言っておきました。

担任の先生も家庭訪問で「始めるのも終わるのも早いけど、まちがってたり雑な時がある」とおっしゃってた通りの行動なんだろうなぁ~と思います。(理科は他の先生が担当しているようです。)

「急がなくてもいいから、丁寧に!」を、当面の長男への声かけのテーマにしようと思います。(苦笑)

うちの子たちは全員ドラゼミ経験者。2015年の現在は小4の次男が受講中!長男長女はドラゼミ継続6年弱でした♪
無料の資料請求はこちら→ 小学館の通信添削 ドラゼミo((=^o^=))o

サブコンテンツ

このページの先頭へ