小学校総まとめ・算数の苦手な分野【小6男子】

進研ゼミ中学準備講座2012年1月号算数の内容

中学準備チャレンジの2月号がすでに届いているというのに、まだ1月号のテキストを終われていない長男。昨日は算数2回分と理科2回分をまとめてやっていました。(私の目が厳しかったから、進研ゼミを続けたいなら、やらないわけには…苦笑)

これで一応、1月号は一通りできたことになるんですが、算数の苦手分野が浮き彫りとなりました!

中学準備チャレンジの算数で、よくあるニガテを攻略!

中学準備チャレンジ1月号の算数の目次です。

  • 小数の計算・分数の計算
  • 角・面積
  • 体積・対称な形
  • 割合
  • 速さ・いろいろな文章題

それぞれの単元に「センパイニガテ度」という1~3個の星マークがついていて、多いほどニガテな人が多いそうです。

ニガテ星が3個の単元は、分数の計算・割合・速さ・いろいろな文章題です。

「図形は苦手…」と言っている長男。でも、1月からはじまった小学校総まとめのチャレンジでは、意外と2~3回目の面積や体積の分野では間違いなしだったので、喜んでいたのです。でも、割合と速さで、やっぱり苦戦していました!

分からない問題があるとイライラ爆発!

それは、昨夜のこと。

「あ~っ!全然わからんっ!」とぶつぶつ言っていた長男。リビングのテーブルで勉強するのは構わないけど、そんなにイライラするなら、部屋でしてきてほしいなぁ…と思っていました。

「もうっ!答え見るよっ!」1問は解説見ながら解いていたけど、次の問題もやっぱり分からないみたい。とうとう「お母さん、教えて」と言ってきました。

分からなかったのは、通常のチャレンジや小学校のテストでも間違えていたタイプ問題でした。

「割合の問題は、線分図を書くと分かりやすいよ」などと始めは落ち着いて教えていたのですが、「書き方忘れた」とか「あ~っ!速さも忘れた~っ!」などイライラ落ち着かない長男を見ていたら、私もだんだんイライラしてしまって。

とうとう我慢の限界に!

「そんなに落ち着かない状態じゃ、教えたって身につかないでしょ!? お母さん、教えたくないし、教えられないっ!」と言ってしまいました。

我が子には冷静になれない・・・親子で勉強の限界?

他の人との対応では、めったにイライラすることはないんですが、自分の子どもとなるとすごく短気になってしまって…。苦笑

特に長男とは、今まで同じようなことを繰り返しているので、「またなの?」っていう気持ちにもなっているのかも。

こんな時、長男はしばらくしてから「分からないから、教えてください」って半泣き状態で言いに来るんですが、おとなしいのも今のうちだけかもしれないですよね。そろそろ反抗期にもなるでしょうし。

こんなことを今まで何度も繰り返しているので、やっぱり、塾で教えたもらった方がいいと確信してしまいました。

他人の目がある塾の方が落ち着いて勉強できるのでは?

お互いにちょっと落ち着いてから話してみました。

私 「今までお母さんが分からない問題は教えてきたけど、やっぱり塾の方がいいんじゃないかと思うよ。お母さんに教えてほしいなら、チャレンジをする順番や回数も決めたルールは守ってほしいし、それができないのにまとめてやって、イライラした状態で「教えて」ばっかりじゃ、おかしくない?」

私 「学校で勉強してるときって、こんなにイライラしたり、ブツブツ言いながら勉強してる?」

長男「学校ではイライラしていない」

私 「お母さんも落ち着こうと思うんだけど、イライラしてるのをみてると我慢できないし…お互いにイライラが増してくよね?苦笑」

長男「うん・・・。

私 「算数だけでも、塾の先生に教えたもらった方がいいと思うの。家以外の方がちゃんと勉強できると思うから。」

長男は「塾はイヤ」と言ってるので、今回も「うん、塾に行く」との返事はありませんでしたが、私は本気で「家で教える」限界を感じています。

親子だとお互いに甘えがあるから難しい

長男がイライラしたり、涙ぐむのも、私が切れてしまうのも、お互いに甘えがあるからだとおもうんです。私がもう少し大人になれたら、教えられるのかとも思うけど、ムリみたいです。苦笑

苦手意識のある教科は、特に難しいですね。

たぶん、1月月号の算数を後回しにしていたのも、苦手で面倒な「割合」や「速さ」だったからなんでしょうしね。この分野は苦手そうなのもわかってたけど、なかなか対策を取れなかった私の監督ミスでもあります。

そういうこと(監督しきれない)も含めて、夫にも「塾の検討を始めたい」と相談しようと思います。長男はなんて説得しようかな~。^^;

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

いとこのお兄ちゃんが、中3の夏休みまで塾なし進研ゼミだけで、地域2番手の進学校に合格したので、長男長女も「進研ゼミはいいらしい」と思っている様子です。^^

無料の資料請求はこちら → 【進研ゼミ中学講座】なら、続けられるしかけが満載です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ