1年生の通知表・初めての3段階評価【小1男子】

子どもたちの小学校で終業式があったので、3人とも通知表をもらってきました!

小1の次男は、初めての3段階評価です。^^(1学期はできました・がんばろうの2段階。滅多にがんばろうはつかないとか。^^;)

次男、なかなかの成績です☆

国語と算数に関しては、「よくできました」と「できました」が半分ずつ♪

特に、国語は良かったようで、「文章を書く力」「言語の力」「正しく書く力」で、「よくできました」が付いていましたよ。

所見欄にも「新出漢字やカタカナの学習では、お直しなしと目標を持ち、一画一画ていねいに書くことができました。形の整った素晴らしい文字がいつも書けています。」と書いていただきました♪

もっと小さいころの次男は、発達遅めで言葉が出たのも兄弟で一番遅かったんです。4歳の誕生日でもまだ2歳児さんのようなおしゃべり。無口なタイプかと思っていたけれど、実際は言葉が遅いだけだったと後に気づくほど…。^^;

そんな次男がここまでできるようになるとは、感激です。涙

小学校入学時には、自分と家族の名前しかひらがなも書けてなかったんですけどね~。学校の授業&宿題と4月に始めたドラゼミでメキメキ力をつけたようです。^^

それほどたくさん書く練習をしていないのに、漢字やカタカナを正しく覚えられたのは、「いつも丁寧」なのが、いちばんのポイントかな~と思います。

ていねいに書いていたら、先生やお友達から「みいくん(=次男)、字が上手だね~」とほめられたようで、嬉しかったようです。褒められているうちに、丁寧に書くのが次男にとっては普通になったようですよ。^^

でも、1学期のころってそんなに上手には書けてなかったんですけど…?^^;

2学期になってから、

「きょうは、○○ちゃんにじょうずっていわれた」
「おなおしなしは、ふたりだけだって」

とすごくうれしそうに話してくれていました。^^

家でも「丁寧に書いた」ことを褒めるようにしたのがよかったのかもしれません。

通知表を持って帰ってきた本人の反応は、特になし!

「なんだかわからない白い紙に、よくわからない文がいっぱい書いてあるだけ、興味なし」といった感じでしょうか。^^;

担任の先生お手製 「カタカナドリルをがんばりました」「計算ドリルをがんばりました」のミニ賞状の方がうれしかったようですね。(最後のページまでできていたら、もらったよう。たぶんクラス全員。^^)

みいくんのこの丁寧さがこれからも続くように、サポートしていきたいと思います♪(小6の長男にこの丁寧さを少しでも分けてくれたらいいのに…^^;)

うちの子たちは全員ドラゼミ経験者。2015年の現在は小4の次男が受講中!長男長女はドラゼミ継続6年弱でした♪
無料の資料請求はこちら→ 小学館の通信添削 ドラゼミo((=^o^=))o

サブコンテンツ

このページの先頭へ