今どきの卒業文集【小6男子】

12月に入ってから、長男の小学校では卒業文集の準備に取り掛かっているようです。

少し前の週末、のんびりしている長男に「宿題はなに?」と聞いたら、「文集の下書きなんだよね~。ちゃちゃっとやっちゃお~」と。

もう、卒業文集かぁ…早いなぁ…なんて、少ししみじみしちゃいました。^^

せっかくの文集なので、作文を読むのは文集ができてからのお楽しみ。書いた内容は「修学旅行のこと」だそうです。^^

長男によると、下書きした作文は先生の確認後、各自パソコンで入力するそうですよ!今どきの小学校は、手書きじゃなくて活字にするんですね~!!(長男の学校(クラス)だけの話かもしれません。)

私が子どものころはガリ版印刷だったのに…。^^;

ただ全部パソコン入力というわけではなく、他に自己紹介ページのようなものもあって、その部分は手書きになるらしいです。

長男はパソコン大好きくんなので、入力も早くて、「クラスで一番最初に仕上がった♪」そうですが、入力慣れしていない子は「なんだかわからないけど、全部消えちゃった~!」とか「ローマ字入力に時間がかかる~!」なんて、なかなか苦戦していたようです。

手書きの方が思い出に残るような気もするんですが、もしかしたら「この頃は、たったこれだけの文章の入力に手こずってたなぁ…」なんて、私の時代とは違う思い出になるのかもしれませんね。

これからの子どもたちは、パソコン入力を避けることは難しいと思うので、時間のある今のうちに少しでも慣れておくように…との配慮なのでしょうか。(担任の先生はパソコン好き。)

3学期になったら、いよいよ卒業間近。卒業文集は楽しみですが、子ども3人が一緒の小学校はあと少し。ちょっとさみしいような気もしています。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

いとこのお兄ちゃんが、中3の夏休みまで塾なし進研ゼミだけで、地域2番手の進学校に合格したので、長男長女も「進研ゼミはいいらしい」と思っている様子です。^^

無料の資料請求はこちら → 【進研ゼミ中学講座】なら、続けられるしかけが満載です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ