短冊に書いた七夕の願い事

7月7日は七夕でしたね~。我が家でも七夕の飾り付けをしましたよ。

当日、小3の長女が朝食を食べながら「今年は笹がないから、学校から帰ってきたら、笹も折り紙で作ろうかな~」と言い出しました。

今までは、幼稚園や保育園などで笹をもらってきてたんですが、そういえば、今年はどこからももらってない!!

年長の次男は保育園の短冊を書いていたし、すっかり忘れてました。長女としては小3になっても、やっぱり短冊は書きたかったようですね・・・。

初めて購入☆笹と七夕飾りセット

もう当日なので、今年は仕方ないなぁ~なんて私は思っていたのですが、子ども達が帰ってくる前に、夫が大きな笹と七夕飾りセットを調達してきました!(ホームセンターに売ってたのを思い出したらしいです。^^)

もちろん長女は大喜び♪長男と次男も市販のキラキラした七夕飾りにテンションアップ!

いくつか折り紙の飾りも追加して、いつも以上に立派な七夕飾りになりました♪

七夕の願い事。短冊には何を書いた?

子ども達が短冊に書いた願い事

長女・次男は2枚、長男は1枚だけでしたが、それぞれ願い事を短冊に書いてます。次男はまだ全部のひらがなが書けないので、長女が教えてあげていたようです。^^

次男(年長)
・ピタゴラスイッチの えいがが みれますように
(ピタゴラスイッチが大好き!映画なら長い時間見れると思っているらしい)

・ままが みんなが おこりませんように
(「てにおは」が間違っていますが・・・そんなに私、怒ってる!?^^;)

長女(小3)
・学校のせいせきが よくなりますように
(ひとつ目がこれでした・・・去年まではもっと無邪気なのを書いてたのになぁ・・・)

・うちゅうひこうしになれますように
(そうそう、今の夢は宇宙飛行士でしたね!またすぐ変わるかも^^;)

長男(小5)
・医者になりたい

「医者になりたい!」っていつまで言うのかな?

長男は小学校に入ったくらいから、人の体の仕組みについてが大好きで、図書館でも「病気と怪我」「消化器官」なんて本をよく借りてきます。

もっと小さい頃から好きなのは、電化製品や機械関係。(DSもゲームソフトより本体が好き!全機種欲しいそう・・・買いませんけどね~。苦笑)

なので、ちょっと前までは「お医者さんか電気屋さんになりたい」って言ってたんです。でも、ここ1年くらいは「医者」。家や祖父母にだけじゃなくて、近所や学校でも宣言しています。

で、みんなにがんばってね~!なんて言われてるんですが、医者になるって並大抵の勉強じゃ足りませんよね?小4までの長男の成績じゃ、医学部は遥か彼方ですけど・・・。

またそのうち、なりたい職業も変わってくるかもしれませんが、そろそろ無邪気に医者になる~♪なんて言える年齢じゃないような気もするんですけどね。そのあたり、理解できていなさそうな長男です。苦笑

サブコンテンツ

このページの先頭へ